toggle
2017-03-21

手術しか方法はない!と言われた脊柱管狭窄症 患者様のお声

杉様 68歳

来院前の状況

透析14年目に入っているのですが、導入以来ずっと明石市内で温灸を含めた柔道整復師のもとで10年程毎週一回通院しながら、70~80mほど歩くと休まなければ、次に進むことができない状態だったんです。痛みをとるのは手術しかないと整形外科で言われていました。

 

治療後の症状の変化

今現在は一人でJR明石駅から三宮駅で下車し歩いて通院しています。

正座もできなかったのにしっかりと腰をおとし、深い正座ができるようになり、

200m~300m休まずに歩けています。

 

体調が回復して一番良かったこと

立ち止まって休むことが少なくなり、外出が楽しく、遠出も多くなりました。

 

同じ症状で悩んでいる方へのメッセージ

長い間かかって悪い状態になっているけど、じっくり、ゆっくり整体を受ける事によって毎日が楽しく、嬉しく変わっていくと思います。

 

脊柱管狭窄症 手術しかない!と言われた方もどんどんよくなられています。

 

神戸 三ノ宮 ヘルニア 脊柱管狭窄症 痺れ  理学整体こうだ治療院

 

 

 


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA